介護保険住宅改修

介護保険を利用しての住宅改修


介護保険では、各自治体が介護のための住宅リフォームに対して要介護区分を問わず、消費税込みの上限20万円(1割は自己負担ですので18万円)まで支給しています。


◇ 介護保険住宅改修費支給の対象になる工事
  
  1.手すりの取り付け
  2.
床段差の解消(バリアフリー)
  3.引き戸等への扉の取替え
  4.和式便器→洋式便器等への取替え
  5.その他1.〜4.の改修に付帯して必要となる改修

 介護住宅改修費の償還払い
利用者が、かかった費用の全額を一度自己負担し、後日市役所に介護保険給付分を請求する仕組みです。


 
介護住宅改修費の受領委任払い
介護保険利用者の一時的な費用負担を軽減し、住宅改修サービスをより使いやすくするため、住宅改修業者に保険給付金の受託を委任し、利用者は1割分の自己負担のみを事業者に支払う制度のため、工事費全額をご用意をいただなくても自己負担分の1割のご用意で利用できます。

LIXIL リフォームショップ
大塚産業

〒320-0856
栃木県宇都宮市砥上町350-18

フリーダイヤル:0120-841-261
TEL.028-648-1801
FAX.028-648-1658

(1)建築工事業・管工事業
(2)一般建築請負業(リフォーム・増改築・新築)
(3)冷暖房・給排水・浄化槽衛生設備工事